Q:間取りを広くとりたいけど、耐震上よくないの?

快適な住まいと生活Q&Aトップページ > 間取り・プランQ&A > Q:間取りを広くとりたいけど、耐震上よくないの?

Q:間取りを広くとりたいけど、耐震上よくないの?

A:間取りの広さと耐震性は確かに密接な関係があります。
間取りを広くとれば、耐力壁の量・位置が制限され、耐震性を低下させる要因になります。

ですが、建坪をあまり大きくとれない場合、間取りの工夫により広く暮らすということはとても大事な事といえます。
間仕切りがいくつもある小部屋の集まりより、オープンで使いやすい伸びやかな生活空間は、
快適さを得る上でとても重要です。

もし、耐力壁の制約により、例えば1階の居間を広い間取りとできない場合、一つの提案ですが、
居間を2階へもっていくという方法があります。

1階よりも2階の方が設置すべき耐力壁の量が少なくて済むため、広い間取り空間を得やすくなります。
くわしくは、建築士と協議する必要があります。



家づくりで後悔しないための必須作業―相見積り―をスムーズに済ませる方法

見積り比較と、プランの提案をわずかな時間で依頼できます。
圧倒的な時短と貴重な比較情報があなたの住まいづくりを高速にお手伝い・・・。
「もうこの業者でいいや・・・」とあきらめたら負けなんです。





上記の解説はこちら↓↓
無料の間取り作成・見積サイトを管理人が解説


edit